NYダウ、日経平均、WTI原油のチャートも使えるDRVチャートが人気!

ダウ平均リアルタイムチャート


ForexPros このクロスレートは CFDS Pros -のシステムを利用しています。

ダウ平均の取引時間は、夏時間(欧米のサマータイム時)、日本時間で22時半から早朝5時まで、冬は、23時半から早朝6時までとなります。
ダウ平均とは、ダウジョーンズ社が提供するアメリカの代表的な株式指標で、日本では日経平均に当たるものです。この指標が注目される理由は、ダウの値動きが、世界の株価に大きな影響を与えるからです。常に注意しなくてはいけません。

ダウが注目される理由の一つは、銘柄が世界有数の企業で構成されているからです。
別名をダウ工業株30種平均(DJIA)といい、下記30の企業からなっています。
※構成銘柄:アルコア、アメリカン・エクスプレス、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)、ボーイング、キャタピラー、コカ・コーラ、デュポン、エクソン・モービル、ゼネラル・エレクトリック、ホーム・デポ、ヒューレット・パッカード、ハネウェル・インターナショナル、IBM、インテル、J.P.モルガン・チェース& Co、ジョンソン・エンド・ジョンソン、マクドナルド、メルク、マイクロソフト、ミネソタマイニング&マニュファクチャリング、ファイザー、フィリップ・モリス、プロクター・アンド・ギャンブル、SBCコミュニケーションズ、ユナイテッド・テクノロジーズ、ベライゾン・コミュニケーションズ、ウォルマート、ウォルト・ディズニー、トラベラーズ、シスコシステムズ
各業界の世界的なトップ企業で構成されているだけに、これら企業の動向が、世界の景気を左右します。
もうひとつの理由が、上記理由とも重なるのですが、世界の株式市場、為替市場との連動性が高いことです。
日経平均との連動性の高さは有名ですし、ダウの下落と、円高円安との関係性も深いものがあります。当然、ダウはアメリカの指数だけに、上昇すればドルが強くなり、下落となれば世界的にドルが弱くなる傾向もあります。
このように、有数の企業で構成されていること、株式市場、為替市場と非常に連動性が高いことから、ダウ平均は注目されます。
株取引、為替取引をする人にとっては、アメリカの指数とはいえ重要。要チェックな指数となります。


※GMの破綻に伴い、GM・シティグループとトラベラーズ、シスコシステムズが入れ替えになりました。