トランス脂肪酸はバターに含まれる?

トランス脂肪酸は、油を特殊処理で加熱した際に生成される人口添加物。油系のものに多く含まれます。アメリカでは使用規制がされているほか、トランス脂肪酸が含まれている含まれていないに関しての表示の義務化もされているほど、大きな問題となっています。
このトランス脂肪酸を大量に摂取すると、分かりやすいところでは、悪玉コレステロールを上昇させるという嫌な効果が・・・。悪玉コレステロールを増加させるということから、心臓病、動脈硬化などの血液系の病気を引き起こしやすくなり、また、花粉症にも影響があるといわれています。

さて、このトランス脂肪酸とバターの関係ですが、バターの話をする前にマーガリンの話をしなければいけません。
マーガリンはバターの代用物としてうまれたもの、動物性の脂を使うバターに対して、植物性の脂を使うマーガリンは最近では、バターより健康的と紹介されるほど。
ただ、バターとマーガリンを比較した場合は、バターの方がトランス脂肪酸は少ないんです。
下記に、トランス脂肪酸の割合を示すデータが書いてあるホームページのアドレスを載せますが、見てもらうと一目瞭然、マーガリンよりもバターの方がトランス脂肪酸の割合が少なくなっています。マーガリンの方が健康的とは一概に言えなくなってきましたね。
油脂中のトランス脂肪酸の割合→ http://homepage2.nifty.com/smark/TrFAMeas.htm

トランス脂肪酸の対策としては

トランス脂肪酸対策としてしなくてはいけないことは、もうできる限り、トランス脂肪酸が含まれる食べものを摂取しないことです。含まれる食べものとしては、ケーキ、パイ、ドーナッツ、マフィン、ワッフル、マーガリン、クッキー、フライドポテト、ポテトチップ、ポップコーン、ホットドック、チーズ、カッテージチーズ、サラダドレッシング、アイスクリームなど・・・、アメリカで問題になったように、アメリカ人が好きそうな食べものばかり、いわゆるファーストフードやスナック菓子がそれにあたります。なるべく自炊したり、和食を食べる方がいいということですね。

油を加工した際にできるのがトランス脂肪酸なのですが、油は、家庭で料理する際に使わないわけにはいきませんね。トランス脂肪酸が比較的少ない油は、オリーブオイル、ごま油など、健康に良い油としては、エコナ油が有名ですが、トランス脂肪酸的には、エコナはだめなんです。油にも気をつけないといけませんね。

いろいろ対策なんかについて考えてみると、やっぱり日本食が体にいいということが良く分かりますね。アメリカで日本食ブームが起きたのもやっぱり健康の面から、トランス脂肪酸対策のためにも日本も和食中心の生活に戻る必要がありそうです。